はじめに

オーストラリアでは、一般市民が受講可能な12時間の「メンタルヘルス・ファーストエイド(Mental Health First Aid; MHFA)」とよばれる心の応急処置の方法を学ぶプログラムが開発されており、国民に広く普及しており、国民全体のメンタルヘルス向上に貢献しています。米国・英国などでもMHFAは国家プロジェクトとして教育現場などに取り入れられています。MHFAでは、講義だけでなく、スモールグループでの議論、ロールプレイなど体験型学習によって、具体的な対処法を習得することができます。
私たちは、2007年にMHFAを日本に導入し、MHFAのエッセンスを震災支援事業や自殺対策事業に取り入れてきました。本邦のニーズに合わせて様々な領域においてMHFAを活用した短期教育研修プログラム開発も推進しています。MHFAが日本全体に拡まることで、国民全体のメンタルヘルスが向上することを願っています。

MHFA-Japan 代表 大塚 耕太郎


MHFAプログラムのエッセンスを詰め込んだ一般向けのテキスト

「こころの応急処置」マニュアル
うつ病、不安障害、精神病性障害、物質(アルコール・薬物)関連障害といった主要なメンタルヘルスの問題ごとに症状や原因などの基礎情報をコンパクトに解説し、いざというときの対応を「り・は・あ・さ・る」の5つのステップに分けて伝授する。米英ほか多くの国で使われている、オーストラリアのプライマリ・ケア国家プロジェクトのテキスト。心理・医療・保健・福祉など、メンタルヘルスにかかわる職業の方は必携です。
詳細は「出版社のページ」をご参照ください。

  • このサイトで紹介する「こころの応急処置」マニュアル(メンタルヘルス・ファーストエイド マニュアル)は、オーストラリアで開発されたMental Health First Aid (MHFA) をもとに作成されたものです。
  • 私たちMHFA-Japanチームは、メルボルン大学で、MHFAプログラムを受講したうえで、そのマニュアル (原著者Betty A Kitchener and Anthony F Jorm (2002): Mental Health First Aid. ORYGEN Research Centre, Melbourne. Australia) を翻訳し、原著者らの許可を得て、日本の現状に合うように改訂しました。
  • 日本語版の作成にあたっては、原則として原版のマニュアルを忠実に翻訳しましたが、精神疾患の有病率や、医療制度に関する部分などは本邦の現状に合うように補足しました。
  • 日本では、私たちMHFA-Japanチームが、本プログラムの日本語版の開発および実証研究を2006年から行っています。オリジナルのMHFAプログラムを受講し、日本における導入法について原著者のJormやKetchnerのコンサルテーションを得ています。
  • オーストラリアのマニュアル改訂に基づき、平成27年に日本語マニュアルおよび資料も第3版に改訂しました。これに伴い、平成27年からの受講者の認定名称、要件を変更しました。
  • 今後のプログラム開催予定に関しては、「お知らせ」コーナーで随時アナウンスしております。

プログラムの概要は、こちらのページを参照ください。
→ mhfa.jp/about-us/program/

医療従事者向けプログラム

医療現場では、精神科に限らず多くの診療科で患者の抑うつや自殺リスク評価が重要です。MHFA-Jチームは、医師、研修医、看護師向けの2時間のMHFAベースの教育研修プログラムを開発中です。国内の2つの施設で実施したパイロット試験(コントロール群なし)で、特に看護師と研修医に効果がある可能性が示され、成果は2018年1月号のJournal of Affective Disordersに掲載されました。

Nakagami et al. (2018) Development of a 2-h suicide prevention program for medical staff including nurses and medical residents: A two-center pilot trial
(https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165032717307243?via%3Dihub)